ファスティング,効果なし

賛否両論!?「ファスティングは効果なし」って言うけれど!?

賛否両論!?「ファスティングは効果なし」って言うけれど!?

 

 

芸能人でも評判になっている「ファスティング」方法。
ダイエットや美容目的でを行っている方は多いです。ファスティングをするメリットは、体をリセットできるのです。
体をリッセトしないと体の中は老廃物や毒素が滞って、便秘になり肌荒れや体重増加、血液が詰り、倦怠感や様々な病気を引き起こしてしまいます。

 

健康的な生活、美容、ダイエットにファスティングは必要なことです。ですが、多くの人が間違ったファスティング方法をしています。
今回は、効果があるファスティング方法を紹介します。

 

 

 

間違ったファスティング方法じゃ「効果なし」って当たり前!!

 

 

「ファスティング」方法を使ったダイエット効果が話題になっています。そもそも「ファスティング」って何?という話ですよね。

 

ファスティングは、断食という意味です。
断食は宗教の修行の一環でした。ですが近年、ダイエットや健康療法として実施されています。

 

ファスティングをすると、何故、ダイエットや健康に良いのでしょうか?
それはファスティングすることにより、一旦、お腹の中をリセットすることができるからです。

 

私達は日々、様々な物を食べています。食べ物が豊富にある今の世の中、必要以上に食べ過ぎて栄養摂取しています。
カロリーを撮り過ぎることで、体中の胃腸はフル回転で働き疲れているのです。
そこで、ファスティングをすることにより、フル回転の胃腸を休憩させることが目的です。

 

ファスティングをすることは、体の中に食べ物を入れないことです。カラッポになることで体の中に溜まった老廃物を排泄することができます。
ですが、ファスティング方法を試してみる方も多いですが、「ファスティングしても、辛いだけで効果がない」という声も多いです。
その理由は、ファスティングを正しく行なっていないことが理由です。

 

前日に、お腹一杯食べて、翌日何も食べないことで空腹の辛さを感じます。
我慢しすぎて、結果的に一日ファスティングして翌日は反動でドカ食いをしています。
ファスティング方法は、正しく行なわないと効果がないのは当然のことです。

 

 

 

正しいファスティング方法ってどんなの?「効果なし」とならないために

 

 

多くの方が、ファスティング方法を正しく行なっていません。ファスティング方法は、順序があるのです。
今まで普通に好きな物を食べていたのですから、いきなり全く何も食べないということになれば、お腹が空きすぎて辛くなってしまいます。
空腹状態が限界に達してしまえば、必要以上に食べ物を摂取してしまいます。

 

 

正しいファスティング方法は、準備期間とファスティング期間と回復期間が必要です。
ファスティング方法の実行を決めたら、1から2日の準備期間に入ります。今まで満腹になるまで食べていた方であれば、腹七分目にします。
翌日は、更に消化に良いうどんや蕎麦、野菜スープ、味噌汁にしましょう。

 

ファスティング準備期間が終えたら、朝・昼・晩の1日3食を酵素ドリンクと水で過ごします。
特に水は重要です。喉の渇きを感じない為にも1時間にコップ一杯の水を飲むようにしてください。

 

ファスティング期間は3日続けます。1日ファスティングをしたからと言って、体の中が全て老廃物は排泄されるわけではありません。
ファスティングを3日続けて、その後は回復期間を2日程度必要とします。

 

回復期間は、いきなり普通の食事をせず、胃腸に負担がかからない「味噌汁」「スープ」「お粥」を中心に食べます。
翌日は、「うどん」「蕎麦」、夜は、和食を中心にした食事を腹七分目にします。

 

 

ファスティング方法で大事なことは、急激にしないこと。そして、体にとって必要な酵素ドリンクを取り入れます。
喉の渇きが起こらないように水をしっかりと摂取します。
ファスティングでは、100%お腹の中を空にするわけではなく、不要な老廃物を取り除くことが目的です。
その為には、胃腸に負担になることを避けるようにします。

 

 

酵素はサプリよりドリンクの方が良い!まあるい旬生酵素を徹底調査!